肢体不自由児者、障害児者と父母のための情報・コミュニケーションサイト 全肢連「響(ひびき)」
トップページ
トピックス:HEAD LINE NEWS
全肢連情報ダウンロード
障害者福祉情報アーカイブ
イベント情報
全肢連の出版物
メールマガジン・ひびきメール
お問い合わせ・お申し込み
 
都道府県肢連情報(一覧)
大会情報
全肢連について
リンク集
サイトマップ
 
トップページ >> 都道府県肢連情報 >> 詳細情報  
都道府県肢連情報
北海道地区 東北地区 関東甲信越地区 東海北陸地区 近畿2府4県地区 中国四国地区 九州地区
近畿肢体不自由児者父母の会連合会
住所  ブロック長松並 利行
住所 〒540-0006
大阪府大阪市中央区法円坂1−1−35アネックスパル法円坂4階 大阪府肢協内
事務局長 井上 千都 TEL 06-6940-4181 FAX 06-6943-4661
19年度ブロック大会
◆第42回近畿肢体不自由児者福祉大会◆  2007年7月29日(日)  奈良県社会福祉総合センター にて
イベント情報
2013 年度
名 称 第48回近畿ブロック大会
期 日 平成25年09月07日
会 場 奈良県文化会館 小ホール
備 考 ◆第48回近畿肢体不自由児者福祉大会◆

▽大会日程
 開会式典
 分科会  
  テーマ「肢体不自由のある人たちのよりよい暮らしを求めて」
 ・分科会1
  地域でのよりよい暮らしを求めて
  〜ケアホーム・共同住宅での実施事例をとおした具体的な動きを学ぶ〜
 ・分科会2
  入所施設での生活の質を高めるために
 ・分科会3
  医療を伴う人たちの親子の暮らしを支えるために
 大会決議 
 閉会
ボランティア募集→お問い合わせはこちら
2012 年度
名 称 第47回近畿ブロック大会
期 日 平成24年07月14日
会 場 和歌山市民会館  和歌山市伝法橋南門7番地
備 考 ◆第47回近畿肢体不自由児者福祉大会◆

▽大会日程
 開会式典
 アトラクション
 シンポジウム
 大会決議
 時期開催県挨拶、閉会
ボランティア募集→お問い合わせはこちら
2011 年度
名 称 第46回近畿ブロック大会
期 日 平成23年07月18日
会 場 アルカイックホール オクト  尼崎市昭和通2―7―16
備 考 ◆第46回近畿肢体不自由児者福祉大会◆

▽大会日程
 開会式典
 アトラクション
  ・「そらこい太鼓とよさこいソーラン」尼崎あぜくら作業所
 基調講演
  ・「障がい児者が、真の自立生活を営むには何が?…」
 パネルディスカッション
 大会決議
 時期開催県挨拶、閉会

ボランティア募集→お問い合わせはこちら
2010 年度
名 称 第45回近畿ブロック大会
期 日 平成22年07月10日
会 場 京都テルサ  京都市南区東九条下殿田町70
備 考 ◆第45回近畿肢体不自由児者福祉大会◆

▽大会日程
 開会式典
 アトラクション
 シンポジウム
 大会決議
 時期開催県挨拶、閉会

ボランティア募集→お問い合わせはこちら
2009 年度
名 称 第44回近畿ブロック大会
期 日 平成21年06月20日〜平成21年06月21日
会 場 びわ湖ホール 大津市打出浜15-1
備 考 ◆第42回全国肢体不自由児・者父母の会連合会全国大会◆
◆第44回近畿肢体不自由児者福祉大会◆
ボランティア募集→お問い合わせはこちら
2008 年度
名 称 第43回近畿ブロック大会
期 日 平成21年07月05日
会 場 大阪府立青少年会館 文化ホール 中央区森ノ宮中央2-13-33
備 考 ◆第43回近畿肢体不自由児者福祉大会◆
ボランティア募集→お問い合わせはこちら
2007 年度
名 称 第42回近畿ブロック大会
期 日 平成19年07月29日
会 場 奈良県社会福祉総合センター 橿原市大久保町320-11  
備 考 ◆第42回近畿肢体不自由児者福祉大会◆

▽大会式典
▽全肢連基調講演
 上野事務局長
▽アトラクション
 松本まり子コンサート
▽講演
 ・テーマ「障害者自立支援法がめざす国・地方自治体・障害児(者)・家族の関係としたい不自由児・者父母の会の役割」
 ・講師 広瀬明彦氏
▽閉会式
ボランティア募集→お問い合わせはこちら
2006 年度
名 称 第41回近畿ブロック大会
期 日 平成18年07月23日
会 場 和歌山県民文化会館 和歌山県和歌山市小松原通1-1
備 考 ◆第41回近畿肢体不自由児者福祉大会◆
ボランティア募集→お問い合わせはこちら
2005 年度
名 称 第40回近畿ブロック大会
期 日 平成17年07月18日
会 場 西宮市民会館アミティホール  西宮市六湛寺10―11
備 考 ◇大会テーマ
「肢体不自由児者が地域で安全に、安心して暮らすには」
〜大震災から10年、震災の地からの発信
◇スローガン
・障害児者が地域社会の中で安心して生きがいのある生活が出来るような環境の整備を図る
・在宅福祉の充実と入居施設の拡充の推進を図る
・障害の周産期医療、早期発見、療育、教育、雇用の促進と在宅生活の充実を図る
・父母の会の10年先を見据え、今、活動のあり方を考える
ボランティア募集→お問い合わせはこちら
ページトップに戻る
  Copyright(C)ZENSHIREN All rights reserved.