肢体不自由児者、障害児者と父母のための情報・コミュニケーションサイト 全肢連「響(ひびき)」
トップページ
トピックス:HEAD LINE NEWS
全肢連情報ダウンロード
障害者福祉情報アーカイブ
イベント情報
全肢連の出版物
メールマガジン・ひびきメール
お問い合わせ・お申し込み
 
都道府県肢連情報(一覧)
大会情報
全肢連について
リンク集
サイトマップ
 
トップページ >> トピックス  
トピックス
全肢連情報654号(平成29年11月15日号)を発行しました
「響」では毎月1日・15日に最新情報を配信しています
 
∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽
全肢連情報654号(平成29年11月15日号)を発行しました。
「響」では毎月1日・15日に最新情報を配信しています
∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽
全肢連情報654号(平成29年11月15日号)
http://www.zenshiren.or.jp/system/dnlpdf/463_1.pdf

主な目次
・厚生労働省障害者報酬改定
・短期入所で新区分〜医療的ケアに対応
・就労継続支援B型事業平均工賃で成果計る
・第6回日本脳神経HAL研究会開催案内
・事務局からのお知らせ、県肢連だより  ほか

「響」では毎月1日・15日に最新情報を配信しています
http://www.zenshiren.or.jp
ページトップに戻る
平成29年度第50回全国大会&第52回近畿ブロ大会
 9月9日に京都テルサで、9月8日には前夜祭も
 
↑平成29年度総会         ↑第50回全国大会京都府京都テルサ(29.9/8-9)
∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽
平成29年度第50回全国大会&第52近畿ブロック大会も盛会裏に終了
 9月9日(土)に京都テルサ、8日(金)には前夜祭をリーガロイヤルホテルで
∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽

2017年度の第50回全国大会を第52回近畿ブロック京都大会と併催し、全国大会式典と記念講演を9月9日(土)に京都市の京都テルサにおいて、第50回記念大会の前夜祭として情報交換会を9月8日(金)にリーガロイヤルホテル京都においてそれぞれ開催いたしました。

大会テーマは『住み慣れた地域で,共生社会の実現!』〜誰もが排除されることのない全員参加型の社会へ〜。北海道から沖縄まで全国より930名を超える仲間が集いました。

50回目の節目となる本大会では、これまでの主役である『障害児者』ではなく、介護をほぼ一手に引き受けてきた家族、特に母親に、そのスポットを当て、近畿ブロックで事前に実施されたアンケート内容の報告が11名の分析者によって報告され、引き続き上野千鶴子氏(認定NPO法人ウイメンズアクションネットワーク理事長)の「障害のある人の母親という経験」と題する講演が行われました。
また厚労省、文科省による中央行政報告として基調報告も行われ、閉会式典では6項目にわたる大会決議文が厚労大臣、文科大臣宛てに清水会長よりそれぞれ手交されました。


全国大会や6地区でのブロック大会、各地のイベントなど…

詳しくは←イベント情報のfacebookにて
https://www.facebook.com/ZENSHIREN

詳しくは←「大会情報」で。
http://www.zenshiren.or.jp/taikai/index.html


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇

■□ 都道府県役員人事、組織・事務局体制変更等について □■

29年11月1日現在で変更、届出のあった事項は下記の通りです。

※29年度の都道府県肢連の情報や各県肢連でのイベント情報は、適宜更新をしてまいります。
←詳細は左記メニューバーの『都道府県肢連一覧』にてご覧になれます。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――

◆全肢連役員人事◆  (平成28年〜29年度)
                             平成28年5月21日改選

 会   長  清水 誠一(代表理事)
 副 会 長  石橋 吉章(業務執行理事)、植松 潤治(業務執行理事)
 常務理事  上野 密(代表理事/事務局長)
 理  事   箱上 恵吾、秋元 栄一、河井 文、中神 達二、山元 弘道
          御代川 栄子(新任)、石河 不砂(新任) 以上 理事11名
 監   事   阿部 員大、中島 哲男(新任) 
 顧   問   衛藤 晟一

―――――――――――――――――――――――――――――――――――
【都道府県肢連情報】
 http://www.zenshiren.or.jp/shiren/shiren.php3

◆県肢連役員人事◆  29年度〜
 
 【会長交代】

 ◇岐阜県肢体不自由児者・障害児者父母の会連合会(7月2日付)

  前会長 山岸 文治 → 新会長 日比 奈緒美(ひび なおみ)

 ◇広島県心身障害児者父母の会連合会(5月28日付)

  前会長 箱上 恵吾 → 新会長 米田 操(よねだ みさお)

―――――――――――――――――――――――――――――――――――
◆事務局人事◆  29年度〜

 【事務局長交代】

 ◇京都市身体障害児者父母の会連合会(5月22日付)

  前事務局長 不在 → 新事務局長 久門 誠(ひさかど まこと)

 ◇広島県心身障害児者父母の会連合会(5月28日付)

  前事務局長 沖野 利香 → 新事務局長 井上 容子(いのうえ ようこ)

 ◇秋田県肢体不自由児者父母の会連合協会(5月22日付)

  前事務局長 金 登美一 → 新事務局長 渡邊 啓宇(わたなべ けいう)

 ◇神奈川県肢体不自由児者父母の会連合協会(5月13日付)

  前事務局長 不在 → 新事務局長 高野 幸子(こうの さちこ)

 ◇北海道肢体不自由児者福祉連合協会(4月1日付)

  前事務局長 中平 寛 → 新事務局長 吉澤 李孝(よしざわ すえたか)

―――――――――――――――――――――――――――――――――――
◆事務局移転・連絡先変更等◆
 
 【事務局移転】
 【連絡先等変更】

 ◇九州ブロック連絡協議会 事務局(7月7日付)

  電話番号・FAXの変更
   新FAX番号:0942-72-7219
   電話&:0942-72-1884 0942-72-4009

 ◇大分県肢体不自由児者父母の会連合会(7月3日付)

  新連絡先
   〒879-1505 大分県別府市扇山4組 木本ノブ子様方
   電話&FAX:0977-24-4561

 ◇広島県心身障害児者父母の会連合会(5月28日付)

  新住所
   〒730-0051 広島県広島市中区大手町5-18-7-201
   電話&FAX:082-567-5650

 ◇山形市・県肢体不自由児者父母の会(5月15日付)

  新連絡先
   〒990-0021 山形県山形市小白川町2-3-31
    ※電話番号は変更なし

―――――――――――――――――――――――――――――――――――
◆法人格、法人名称の改称◆
◆ブロック事務局◆

 【ブロック長交代】
 【ブロック事務局移転】

 10月15日現在の届出はありません  

―――――――――――――――――――――――――――――――――――  
◆その他の情報◆

▼ホームページ開設、リニューアル
 ▼周年記念事業等

 10月15日現在の届出はありません  

―――――――――――――――――――――――――――――――――――  

★☆ 平成29年度ブロック大会開催期日・場所 ☆★
 http://www.zenshiren.or.jp/taikai/block.html

 ◇第50回全国大会
 ◆第52回近畿ブロック京都大会併催
  9月8日(金)〜9日(土)      京都府 京都テルサ・リーガロイヤルホテル

 ◆第15回全道福祉大会(ブロック大会と隔年で開催)
  9月30日(土)          北海道 道民活動センター

 ◆第37回東北ブロック大会
  9月2日(土)〜3日(日)     宮城県 松島ホテル大観荘

 ◆第54回関東甲信越ブロック大会
  7月 1日(土)           新潟県 ANAクラウンプラザホテル新潟

 ◆第52回東海北陸ブロック大会
  6月17日(土)〜18日(日)    静岡県 ホテルコンコルド浜松
  
 ◆第49回中国四国ブロック大会
  10月21日(土)           徳島県 徳島グランビリオホテル

 ◆第33回九州ブロック大会
  11月25日(土)〜26日(日)    大分県 別府亀の井ホテル
 
―――――――――――――――――――――――――――――――――――

★☆★☆★ 東日本大震災 全肢連 『 被災障害児者支援プロジェクト 』 ★☆★☆★


 『SHARE THE SPIRIT』(精神を分け合って下さい)
   〜 思いはひとつ 〜  

    私たちは一丸となって被災障害児者の支援活動を続けていきます。
    皆さまのできることから思いをひとつにしてください。


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


◆◇◆ 災害支援金口座開設のお知らせ ◆◇◆    2011.04.15 

全肢連事務局では、今回の大地震に対する支援の一環として義援金口座を開設し、東北ブロックで被災された父母の会の会員を支援するための義援金としてお預かりしています。

お預かりした義援金は、被災された東北エリア、北関東エリアの会員の方々に対するお見舞金や、被災された施設や事業所等の関係者の方々への復興に向けての支援金として活用することを目的としており、皆様のご厚意を独自の復興支援という形で活用させていただくとともに、その成果を目に見える形で報告させていただきたいと考えています。

なお今回は被災エリアが広範囲にわたっている事と福島原発の事故も重なり、復旧、復興は長期化することが現実的となってきました。
事務局では引き続き被災地、被災者の現状把握に努めるとともに各地域のニーズを把握してまいりたいと思います。

引き続き、息の長いご支援、ご協力を賜りますようお願いを申し上げます。


▽義援金募集について▽
http://www.zenshiren.or.jp/system/dnlpdf/107_1.pdf

**********************************************************************
 ▽これまでに事務局に寄せられた義援金一覧▽    2013.03.31現在
 http://www.zenshiren.or.jp/system/dnlpdf/112_1.pdf

         202件    10,664,564円 
                                 ご支援 ありがとうございました

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 ▽これまでに被災障害者や家族に配分された義援金一覧▽    2012.7.31現在
 http://www.zenshiren.or.jp/system/dnlpdf/112_1.pdf

   第1、2、3次配分 634件分    10,530,000円 
                                 ご支援 ありがとうございました

**********************************************************************

**********************************************************************


ページトップに戻る
全肢連だより『わ』130号(10月20日号)を発行しました
 〜機関紙「いずみ」、療育ハンドブックも好評販売中
 
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
全肢連だより『わ』130号(10月20日号)を発行しました。
 〜機関誌 「いずみ」、療育ハンドブック43集 〜も好評販売中
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

全肢連だより『わ』130号(10月20日号)を発行しました。

主な目次
・第50回全国大会京都大会報告
・第53回近畿ブロック京都大会報告
・第15回全道肢体不自由児者福祉研究大会報告
・地域指導者セミナー東海北陸・北海道ブロック報告
・さわやかレクリエーション報告
・障害保健福祉 中央情勢報告/厚労省・文科省
・その他

いずみ、わ、療育ハンドブックは年間購読できます。
お申込は下記から
http://www.zenshiren.or.jp/print/index.html

☆定 価 200円(送料込)
◇お問合せ・ご注文は◇
 全肢連印刷出版局 担当 原田、高津まで
    03(3971)6079
    mail:web-info@zenshiren.or.jp


◇ひびきからもご注文いただけます◇
【出版物のご案内・お問合せシート】
https://www.zenshiren.or.jp/zenshiren/form/inquiry.html

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
療育ハンドブック第43集 『 インクルーシブ教育ってどんなこと 』
 肢体不自由児者の合理的配慮シリーズ 〜好評販売中
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

平成29年度の 『療育ハンドブック(第43集) 』が刊行されました。

今年度の療育ハンドブックは『肢体不自由児者の合理的配慮に基づく〜インクルーシブ教育ってどんなこと』と題し、田園調布学園大学の鈴木文治教授に執筆いただきました。

鈴木教授には、平成28年度第49回全国大会(神奈川大会)の第3分科会の教育「教育現場における、肢体不自由児のインクルーシブ教育」をテーマにコーディネーターとして
@医療的ケア
A通学支援
B教育現場
の充実のそれぞれの発表者からの意見にもご助言をいただきました。

各種大会、研修会、勉強会などで是非ご活用ください。

☆目 次
1章  障害者を取り巻く社会的状況
2章  インクルーシブ教育への道
3章 インクルーシブ教育の課題
4章 インクルーシブ教育への展望

☆B6版 82頁   定価 350円(送料込)


◇お問合せ・ご注文は◇
 全肢連印刷出版局 担当 原田、高津まで
    03(3971)6079
    mail:web-info@zenshiren.or.jp

◇ホームページ「響」からもご注文いただけます◇
【出版物のご案内・お問合せシート】
https://www.zenshiren.or.jp/zenshiren/form/inquiry.html
各種大会、研修会、勉強会などで是非ご活用ください。


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
★  肢体不自由児者の合理的配慮に基づく
★   〜インクルーシブ教育ってどんなこと〜 
★      B6版   82頁       
★       鈴木 文治 著       
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

☆目 次

1章  障害者を取り巻く社会的状況
   (1)津久井やまゆり園事件とは何か
   (2)特別支援学校設置反対運動 
2章  インクルーシブ教育への道
   (1)共生社会とは何か
   (2)インクルーシブ教育に向けた日本の動向
3章 インクルーシブ教育の課題
   (1)各学校の課題
   (2)インクルーシブ教育に対する疑問 
4章 インクルーシブ教育への展望
   (1)動き出したインクルーシブ教育
   (2)インクルーシブ教育の定着のために


☆定 価 350円(送料込)
◇お問合せ・ご注文は◇
 全肢連印刷出版局 担当 原田、高津まで
    03(3971)6079
    mail:web-info@zenshiren.or.jp


◇ひびきからもご注文できます◇
お得な3誌セット年間購読をお勧めいたします
【出版物のご案内・お問合せシート】
https://www.zenshiren.or.jp/zenshiren/form/inquiry.html
ページトップに戻る
29年度も全国100カ所でさわやかレクリエーション
 各地で災害対策セミナーや小旅行、各種イベントなど
 
∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽
平成29年も全国100カ所でさわやかレクリエーション&キャンプを開催
 各地で防災セミナーや宿泊避難訓練から、一般参加可能な小旅行まで
∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽

さわやかレクリエーション&キャンプ事業は、「ふれあいの輪を広げるキャンペーン」の一環事業として障害児者とその家族が地域住民やボランティアなどとの交流を深め、リフレッシュを図るとともに、父母の会の活性化、新たな会員の掘り起こし、支援者の開拓に繋がる事業、障害児者の社会参加活動の一助となる事業として、日本コカ・コーラ(株)の協力により全国のコカ・コーラシステムから支援をいただき、療育事業として実施されています。


今年度も
『地域共生、地域連携、余暇活動 支援助成事業』として
「肢体不自由児者と家族の防災避難訓練」等への支援事業の部門と

『レジャー活動支援助成事業』として
「各種レクリエーションや親睦イベント、スポーツ体験や観戦、バスハイクや宿泊旅行」等レジャー活動全般への支援事業の部門の
2つのカテゴリーへの助成対象として全国100カ所でさまざまな事業が展開されます。


各地で行われる「さわやかレクリエーション」には一般参加の受け入れ可能なイベントもたくさんあります。
この機会に地域の肢体不自由児者父母の会の活動の一端に触れていただいたり、地域住民やボランティアとの交流を深める一助として活用してみてください!

また一般参加も可能(一部参加費が必要の場合もあります)な小旅行やイベントもたくさんあります。この機会にぜひ参加されてみてはいかがですか?


▼2017年度 さわやかレクリエーション&キャンプの実施計画一覧は▼

http://www.zenshiren.or.jp/system/dnlpdf/116_1.pdf


▽2016年度の模様は▽
http://www.zenshiren.or.jp/event/sawayaka2016/index.html
ページトップに戻る
2017年日韓交流事業「オットギ祝祭」参加者募集中 
 第35回オットギ祝祭にあなたも参加しませんか?
 
∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽
今年の訪韓事業は10月17日(火)〜20日(金)の日程で
 親子またはボランティア等のペアで参加を募集中です!
∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽

2017年日韓交流事業「オットギ祝祭」参加者募集中!!

全肢連では、韓国脳性麻痺福祉会と昭和57年に「姉妹結縁」を結び、さまざまな交流事業を行っていますが、韓国国内の障害児者が集う、韓国脳性麻痺福祉会主催「オットギ祝祭」へは、毎年代表団を派遣しています。

あなたも「オットギ祝祭」に参加して、韓国の障害児者や関係者と親睦を深めませんか?

◆日程 10月17日(火)〜20日(金) 3泊4日
   (10月19日(木)オットギ祝祭)

◆派遣人数 親子1組2名単位  10組程度 20名以内
 ※障害者と介護者のペアでも参加できます。
 ※3名や1名での参加の場合は、1名実費となります。
    詳しくは別途お問い合せ下さい。

◆参加費用  @親子2名一組参加の場合
     2名で ¥180,000
       A一人部屋利用の場合
       1名で ¥140,000

◆参加条件
@「オットギ祝祭」への参加を公式日程の中心として、親子1組を参加単位とします。
A費用には、空港までの移動費、燃油サーチャージ及び航空税関係、渡航手続費用、オプショナルツアー、その他個人的費用は含まれておりません。
B「オットギ祝祭」では、参加者全員による演芸等の披露をお願いします。

◆申込締切日  9月22日(金)

◆お申込用紙は下記まで ↓↓
 http://www.zenshiren.or.jp/system/dnlpdf/114_1.pdf

◆詳しくはお問い合わせください。
 全肢連 2017年日韓交流事業係 担当 高津、原田
 TEL 03−3971−3666 
 E-mail web-info@zenshiren.or.jp

 
ページトップに戻る
  Copyright(C)ZENSHIREN All rights reserved.